コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

「小沢隠しの人事だ」野党、新政権を一斉批判(読売新聞)

 野党各党は、8日発足した菅政権に対し、「小沢一郎前民主党幹事長隠しの人事だ」「新鮮味に欠ける」と一斉に批判した。

 最終盤の国会では、各党が共闘して「政治とカネ」の問題などを突く構えだが、焦燥感も広がっている。

 自民党の谷垣総裁は8日夕、党本部で記者会見し、「『小沢隠し』で支持率を回復するのが(民主党の)基本戦略だ。前政権と何が違って、何を継承するのかがはっきりしない」と述べ、参院選での争点を明確にするため、今国会での予算委員会開催を求めた。

 ただ、鳩山前首相の退陣表明後、民主党の支持率は回復しており、党内には「世論調査で国民がある程度期待していることが表れた。非常に強敵だ」(谷川秀善参院幹事長)との警戒感も強い。8日の党役員連絡会では、前首相の退陣表明前に内閣不信任決議案を提出しなかったことに批判が出るなど、谷垣執行部への不満もくすぶる。

 公明党の山口代表は8日、国会内で記者団に「(菅政権は)新味がなく、ミニ鳩山内閣と言わざるをえない」と主張した。

 「第3極」政党も、批判の声を上げた。みんなの党の渡辺代表は都内で記者団に、「元全共闘みたいな人が首相と官房長官で、大きな政府になるのは目に見えている。偽装改革・役人天国路線内閣だ」と指摘。民主党との連携に言及していた新党改革の舛添代表も、「自民党政権の疑似政権交代的な派閥間の(首相の)たらい回しと同じだ」と語った。

鳩山首相、頬ゆるませ親指立て 「続投ですか」に首相余裕(産経新聞)
戦略5分野で149兆円市場=雇用258万人増―経産省ビジョン(時事通信)
スマートフォン向け接続サービスに障害 一時、通信できず(産経新聞)
異例“撮り鉄”を立件 被害届なくても「警鐘」書類送検(産経新聞)
民主党 主な新役員の会見要旨 樽床国対委員長(毎日新聞)
スポンサーサイト
このページのトップへ
コンテントヘッダー

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます
このページのトップへ
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
このページのトップへ
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。