コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

サクラ三分咲き、でも待ちきれない…上野公園(読売新聞)

 27日の東京都内は、都心の最低気温が4・4度と3月上旬並みの肌寒い朝を迎える中、約1200本もの桜を誇る上野公園(台東区)では、花見が始まった。

 同公園の桜は三分咲き程度。それでも、春本番を待ちきれない花見客たちが厚着をして公園に陣取り、日差しが暖かくなった昼前には、あちこちから「乾杯」の声が上がっていた。

 日本気象協会の予想では、東京都心の桜は4月2日に満開を迎える。

座礁フェリー無惨な姿 船体バラバラ、撤去「6月末までに」(産経新聞)
感無量…感動した…菅家さん万感の思い(読売新聞)
<水俣病>和解成立 熊本地裁で不知火患者会(毎日新聞)
お堂の中に塔がすっぽり?! 謎の海龍王寺と五重小塔(産経新聞)
「私が立て直すという気持ちで」トヨタなど入社式(読売新聞)
このページのトップへ
コンテントヘッダー

同乗者3人、危険運転は不起訴=名古屋ひき逃げ死亡事故-地検(時事通信)

 名古屋市熱田区の交差点で男女3人が死亡したひき逃げ事件で、危険運転致死容疑で逮捕され、処分保留となっていた同乗者のブラジル国籍の男3人について、名古屋地検は26日、嫌疑不十分で不起訴処分とした。同地検は「赤信号を無視したことについて、運転者との共謀を認めるに足りる証拠がない」としている。
 事件では、車を運転していた同国籍のロシャ・デ・フレイタス・ファブリシオ被告(26)が危険運転致死罪などで起訴されている。同乗者も同罪に問えるかが焦点となっていた。 

【関連ニュース】
〔写真特集〕警察対暴走族 果てしなき戦い
DNA誤データで別人に逮捕状=警察の登録ミスが原因
ひき逃げ容疑で会社員逮捕=路上に男性横たわり、死亡
「事故起こし逃走した」=米兵聴取、追突認める
路上に65歳男性、搬送先で死亡=ひき逃げか、車の部品も

武田薬品の不眠症治療薬など5品目を承認へ(医療介護CBニュース)
東大 2983人が卒業 進む「脱官僚」 高まる外資人気(毎日新聞)
<亀井担当相>郵政改革案「首相が了承したから発表した」(毎日新聞)
「がんに効く」と製品販売 壮快薬品社長に罰金100万円命令(産経新聞)
首相会見オープン化(産経新聞)
このページのトップへ
コンテントヘッダー

<国民新党>参院選比例代表にプロレスラー擁立(毎日新聞)

 国民新党は24日、今夏の参院選比例代表に、新人でプロレスラーの西村修氏(38)を党公認候補として擁立すると発表した。

【関連ニュース】
自民党:参院選公認候補7人を発表
全国農政連:自主投票に 参院選比例代表で方針転換
みんなの党:「参院選出馬20人以上に」渡辺代表
参院選:源純夏氏が立候補辞退 自民公募の競泳メダリスト
自民党:参院選目標「100から90議席に」…谷川秀善氏

犬の頭に、歩く猫? =そっくりな島、宇宙から撮影-野口さん(時事通信)
<10年度予算>24日に成立へ 参院本会議(毎日新聞)
「がんに効く」と製品販売 壮快薬品社長に罰金100万円命令(産経新聞)
【春の高校バレー】東京勢は男女4校8強入り(産経新聞)
<茨城空港>アシアナ航空機がオーバーラン(毎日新聞)
このページのトップへ
コンテントヘッダー

虐待児童の出欠状況、月1回報告=学校と市町村の連携強化へ-文科・厚労省(時事通信)

 児童虐待防止に向け、文部科学省と厚生労働省は24日、虐待が疑われる児童、生徒の出欠状況を、学校側が市町村や児童相談所に定期報告するとした情報提供の指針を策定し、全国の自治体に通知した。学校側に報告が義務付けられるわけではないが、関係機関ができるだけ早く状況を把握できるようにする。
 東京都江戸川区で1月、小学1年の男児が両親から暴行され、死亡した事件を受けた措置。男児は長期欠席しながら虐待が見落とされ、学校側と関係機関との間で連携不足が指摘されていた。 

【関連ニュース】
自宅たまり場に大麻吸引=少年ら4人逮捕、家出中学生も
5歳女児虐待、継母再逮捕へ=傷害致死容疑
被害者支援のあり方研修=児童ポルノで初めて
児童ポルノ、過去最悪=ネット利用の摘発が倍増
長女傷害容疑、継母を逮捕=11月に死亡、日常的に虐待か

平均風速、全国26地点で観測史上最大(読売新聞)
<自民党>参院選の公認候補発表(毎日新聞)
センバツ 小林繁さんの教え子夢舞台に 敦賀気比の3選手(毎日新聞)
高校無償化 法案可決 子ども手当法案も 衆院本会議(毎日新聞)
首相動静(3月20日)(時事通信)
このページのトップへ
コンテントヘッダー

伊吹山ドライブウェイ 除雪作業始まる 岐阜・滋賀(毎日新聞)

 岐阜・滋賀県境の伊吹山(1377メートル)の山頂に通じる「伊吹山ドライブウェイ」(全長17キロ)で17日、春の訪れを告げる本格的な除雪作業が始まった。4月17日の開通を目指す。

 ふもとの料金所から約15キロの8合目付近で作業を開始。気温0度で雪が舞う中、路上に約4メートル積もった雪をロータリー車やショベルカーなど計4台で勢いよく谷底に落とした。

 管理・運営する日本自動車道(本社・東京)によると、昨年末からの断続的な大雪で、山頂の積雪量は例年の倍の6~7メートルに及ぶという。

 今年は、雪で再び閉ざされる11月末までに、昨年より2000台多い8万台の通行を見込む。【子林光和】

小沢幹事長 生方氏の副幹事長職を慰留、本人も了承(毎日新聞)
生方副幹事長を解任=小沢氏批判を問題視-民主(時事通信)
狩野探幽 水墨画「雲竜図」の作者と判明 京都・興正寺(毎日新聞)
強風で運休相次ぎ、ダイヤに乱れ…JR京葉線など(読売新聞)
<岡田外相>資産を訂正
このページのトップへ
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。